日陰に咲く

夢で見た花がとても綺麗で

きっとどこかにあると 探し回った
まだ微かに残る感触を忘れないように
花の名前を思い出せるように 刻んで


本当はわかってた 希望なんて無かった
「信じれば報われる」なんて信じちゃいない


悲しみは 光になって
その体を 優しく包んで
消えぬ傷跡を 今
陽だまりに閉じ込めて
そっと 空に放って
君が二度と 迷わないように
祈るように 日陰で息をする


大人になった少年の色褪せた言葉
守れなくて当然の ふざけた誓いも
目を瞑った瞬間に 風に乗った匂い
ふいに 溢れ出す記憶
振り向いても 君はいない


あの花は 夢に置き去って
二人だけの秘密に変えて
未来も過去も 今
陽だまりに閉じ込めて
いつか 時間が経って
君のことを忘れないように
誓うように 日陰で息をする