パズル

真っ白な空間に誰かの血が滴っている
たった一秒で壊れてしまう関係性
頭の中の言葉吐き出せずに
苛ついていたんだ


泣き叫んでも 歌ってみても
掻き消された


僕が選んだ世界で 君の姿探すけど
歩き疲れた最期に 孤独なんだと悟る


昨日の記憶なんか重荷になるから置いて行こう
「思い出に浸るのは時間の無駄だ」と言って


のらりくらり探し回り
明日にさえ辿り着けず
しどろもどろ吠えてみても
自分にさえ響かない


凍り付いた空気さえ 僕には心地良くて
研ぎ澄ませた感覚が 消えていく


変えられない運命があるなら
僕がこの手で終わらせてやる
最後のピースがはまる様に 全ての辻褄が合っていく
この世の終わりが描かれたパズルが出来上がる


君が望んだ未来に 僕の姿は無いけど
まだ暖かい手のひら もう少しだけ握ってて


僕が選んだ世界で 君の姿探すけど
歩き疲れた最期に 孤独なんだと悟る